中級 ソロライフ

作ること、食べること、楽しむことを中心に綴る日々の雑記ブログ

とにかく洗いやすさを最重視!新しいお弁当箱を買った。

春、心機一転、買い替えをしたくなる季節。
新しくお弁当箱を買いました。

f:id:Tag-arch:20190316232700j:plain
弁当箱New
食事は自炊派。
お昼もだいたいは、お弁当を作って持っていく。

なのに、いつからだったか、気がつけばタッパーを持っていくようになったのは。


以前からお弁当箱は持っていた。
でも、使わなくなった。


なぜならば、洗うのがめんどい。。

その一言につきるのだけど、一体なにがダメだったのかというのを、反省を込めて考えてみた。


和っぽい感じで、可愛いと思って選んだんだけどね。

f:id:Tag-arch:20190316233026j:plain
前の弁当箱
なにせ無駄にパーツが多かった。
f:id:Tag-arch:20190316233023j:plain
上の被せるフタいらんぜ。


そして、底の部分が直角になっている。
f:id:Tag-arch:20190316233017j:plain
ここが、洗いにくい!
スポンジが入りにくい!!


さらに、フタの溝!
f:id:Tag-arch:20190316233020j:plain
激しく洗いにくい!!キー!!!
油とか入っちゃった時には、絶望を味わう。


そんなこんなで、タッパーとおにぎりを持っていくようになってしまっていた。。

お洒落感はゼロ。
なんなら、みすぼらしくもあったでしょうな。


なので、今回はとにもかくにも、「洗いやすい」 に重点を置いて選んでみました。


まず、パーツ。
f:id:Tag-arch:20190316232656j:plain
本体とフタとしきり。
あと、フタのゴムが取外せるようになってる。


二段弁当、もうその時点で、ものぐさな私は負けていたのだろうと思う。

ご飯に汁がつくのが頑なに嫌な人は無理だろうけど、許容できるなら、一段で良い。
てか、一段が良い。

洗うパーツは少なければ、少ないほど良い。


そして、底の角度。
というか、丸み。
f:id:Tag-arch:20190316232643j:plain
スポンジがあてやすく、スルッと洗える。
ストレスフリー。

よく見ると、表面が細かくツブツブしてて、お米とかもこびりつきにくい。

f:id:Tag-arch:20190316233210j:plain
お米入れてた後

思えば、タッパの底もそんなだったな。


あと、洗いやすさとは関係ないけど、底がやや反っているもの良い。
f:id:Tag-arch:20190316232650j:plain
真ん中が盛り上がっているからか、片側に中身が寄りにくい。
今のところ、寄ったことがない。


フタがドーム状になってるのも、最初は高さに戸惑ったけど、具材が潰されず盛れるのは、新感覚で面白い。
f:id:Tag-arch:20190318220544j:plain
あんまりフタも汚れないし。

フタ以外は電子レンジもOKなのも、ありがたい。
f:id:Tag-arch:20190316233014j:plain
表示にも書いてあるけど、販売者はロフト。

ふらっと立ち寄ったついでにロフトで購入。
1,600円(税込1,728円)


今のところ洗いやすいし、明るい黄色も食材の色が映えるので気に入っている。

買って良かったと思えるお弁当箱となりました。
今度は何を詰めるか楽しみだな。

イエロースタジオ à table タイト1段ランチボックス500ml イエロー 51402